PHP開発環境の構築(Windows)

HOME   >   PHP開発環境の構築(Windows)

概要

ApacheやMySQL、PHPなどをひとつひとつインストールして設定を行っていく事はこれから初めて開発を行おうとしている人にとって敷居が高いものです。 そのような方のためによく利用されるアプリケーションやソフトウェアをまとめてインストールすることができるxamppとEclipseでの開発環境を同時に導入する手法について 解説していきます。
インストールにはインストーラを使ってインストールする方法とインストールを使わないでインストールする方法がありますが、今回はインストーラを使わない方法を採ります。
【使用方法】
・ここをクリックすると、以下の全Stepを開いたり閉じたりします。
  [Click here to Open/Close for all steps]
・以下のStepタイトルをクリックすると、そのStepを開いたり閉じたりします。

Eclipse+xamppに必要なもの

Eclipse+xamppの環境構築に必要なものは、オールインワンになった圧縮ファイル一つだけです。

フォルダを用意しましょう。

以下のようにダウンロード用フォルダを作成しておきます。(勿論、適切にフォルダを用意しても構わいませんが、ここでは統一します。)

①ダウンロード用フォルダの作成 (すでにフォルダがあれば、スキップする。)
 C:\download\xampp    //Eclipse+xamppをダウンロードするフォルダ(ディレクトリ)
  →Windowsエクスプローラを使って、Cドライブにdownloadフォルダを作成し、その中にxamppフォルダを作成します。

②インストール先フォルダの作成 (すでにフォルダがあれば、スキップする。)
 C:\usr           //Eclipse+xamppをインストールするフォルダ(ディレクトリ)
  →Windowsエクスプローラを使って、Cドライブにusrフォルダを作成します。

ページの先頭へ

Eclipse+xamppのダウンロード

こちらをクリックして、ダウンロード用に作成したフォルダに保存してください。
今回ダウンロードするアプリケーションのバージョンは下記の通りです。
###### ApacheFriends XAMPP (Basispaket) version 1.7.0 ######
+ Apache 2.2.11
+ MySQL 5.1.30 (Community Server)
+ PHP 5.2.8 + PEAR (Support for PHP 4 has been discontinued)
+ PHP-Switch win32 1.0 (use "php-switch.bat" in the xampp main directory)
+ XAMPP Control Version 2.5 from www.nat32.com
+ XAMPP Security 1.0
+ SQLite 2.8.15
+ OpenSSL 0.9.8i
+ phpMyAdmin 3.1.1
+ ADOdb 4.990
+ Mercury Mail Transport System v4.52
+ FileZilla FTP Server 0.9.29
+ Webalizer 2.01-10
+ Zend Optimizer 3.3.0
+ eAccelerator 0.9.5.3 f・ PHP 5.2.8 (but not activated in the php.ini)
ページの先頭へ

Eclipse+xampp のインストール

上記で作成したダウンロード用フォルダをWindowsエクスプローラを使用し、再度確認しておいてください。
 C:\download\xampp  //Eclipse本体とxamppをダウンロードしたフォルダ
Eclipse+xampp のインストールは超簡単です。インストール先(C:\download\xampp)にて圧縮/解凍ソフトを使用して同じ場所に圧縮ファイル(pleiades-all-in-one-php-jre_20090426.zip)を解凍します。

Eclipse+xamppの解凍(展開ともいう)


①ダウンロードしたディレクトリへ移動
  Eclipse+xamppをダウンロードしたダウンロードディレクトリ(C:\download\xampp)へ移動します。
②解凍(展開)
  ダウンロードしたEclipse+xampp(例、pleiades-all-in-one-php-jre_20090426.zip)を展開すると、同じディレクトリ内にpleiades-all-in-one-php-jre_20090426フォルダができます。(展開が完了すると、圧縮ファイル名と同様のフォルダができます。)
※もし、デスクトップか他場所に展開された場合は、フォルダごとここ(C:\download\xampp)に移動してきてください。)


        図 ダウンロード&解凍後のイメージ  (環境によりイメージが異なる場合があります。)

③インストール用フォルダ(C:\usr)へ移動
  ダウンロードフォルダ(C:\download\xampp)内にて展開したEclipse+xampp『pleiades-all-in-one-php-jre_20090426.zip』フォルダごと インストール用フォルダ(C:\usr)に移動します。



これで、Eclipse+xampp のインストールは終了です。
Eclipseとxamppを起動する前に、下記の環境設定を行わなければなりません。
ページの先頭へ

Eclipse+xamppの環境設定

セットアップの実行

下記場所にあるsetup-xampp.batをダブルクリックしましょう。
  ・setup-xampp.batは、C:\usr\pleiades-all-in-one-php-jre_20090426\xamppにあります。


そうすると、以下のように、コマンドプロンプト画面が表示されます。


何かキーを押すと画面が消えます。
これでセットアップは完了です。
ページの先頭へ

Apacheの起動及び動作確認

xamppコントロールパネルを開きます。
下記にあるxampp-control.exeをダブルクリックしましょう。
・xampp-control.exeは、C:\usr\pleiades-all-in-one-php-jre_20090426\xamppにあります。


xamppコントロールパネルが起動したら、Apacheを開始します。


Apacheが開始されたら下のような画面になります。


次にApacheが正常に動作しているか、確認します。
お使いのブラウザを起動し、URLに「http://localhost/」と入力してください。
下のような画面が表示されたら、Apacheは正常に動作しています。

日本語をクリックします。


ページの先頭へ

MySQLの設定と起動及び動作確認

MySQLの起動

xamppコントロールパネルを開きます。
xamppコントロールパネルが起動したら、MySQLを開始します。


MySQLが開始されたら下のような画面になります。


MySQLクライアントの起動


MySQLのクライアントはコマンドプロンプト画面から起動します。
①コマンドプロンプト実行
②「C:¥usr¥pleiades-all-in-one-php-jre_20090426¥xampp¥mysql¥bin」に移動
③MySQLクライアント起動コマンドを実行
> cd c:¥usr¥pleiades-all-in-one-php-jre_20090426¥xampp¥mysql¥bin
> mysql -u root

ログイン情報の変更


※デフォルトでrootユーザーにはパスワードが設定されていません。
mysql> SET PASSWORD FOR root@localhost=password('root123');
ここではパスワードを「root123」に設定します。

一度MySQLクライアントを抜けて、再度「root」ユーザーでログインし、パスワードが設定されているか確認します。
mysql> quit
> mqsql -u root -p
Enter password: root123

ログインできればOKです。
ページの先頭へ

Eclipseの起動確認

C:\usr\pleiades-all-in-one-php-jre_20090426\eclipseにあるeclipse.exeをダブルクリックします。
  

ワークスペースの選択ダイアログが表示されますので、デフォルトのまま起動します。

下の画面が表示されたら、動作確認完了です。

ページの先頭へ

PHPの動作確認

ここでは簡単なプログラムを作成し、実際にPHPが動作するかどうかを確認します。
Eclipseでは、ローカルで動作を確認する「PHP スクリプト」実行と、サーバ上で動作を確認する「PHP Webページ」の2通りがあります。
今回はこれらに加え、ブラウザでの動作確認も行ってみます。

Eclipseでのサンプルプログラム作成

①先程起動したEclipse画面で、「ファイル」 → 「新規」 → 「PHPプロジェクト」をクリック。

②プロジェクト名に「php_sample」と入力して「完了」をクリック。

③「php_sampleプロジェクトを右クリック」 →「新規」 →「PHPファイルを選択」

④ファイル名に「code1.php」と入力し「完了」をクリック。

⑤作成したファイル「code1.php」に下記の内容を入力します。
code1.php
<?php
$value = "123456789";
print $value;
?>

Eclipseでの動作確認①-「PHPスクリプト実行」

①「code1.phpを右クリック」 →「実行」 →「PHP スクリプトを選択」

②「リソースの保管」ダイアログが表示されたら「OK」をクリック。

③「ブラウザ出力」に「123456789」、「デバッグ出力」に「Content-type: text/html」と「123456789」が表示されたらOKです。


Eclipseでの動作確認②-「PHP Webページ実行」

①「code1.phpを右クリック」 →「実行」 →「PHP Webページを選択」

②「PHP Webページの実行」ダイアログが表示されたら「OK」をクリック。

     ※この画面は2回目以降は表示されません。


③上下に「123456789」が表示されたらOKです。

ブラウザでの動作確認

ブラウザでも確認してみます。
確認URL:http://localhost/php_sample/code1.php
ブラウザで「123456789」と表示されればOKです。

お疲れ様でした!
これで、Eclipse+xampp環境が準備できました。
ページの先頭へ

Eclipse+xampp環境のアンインストール

Eclipse+xampp環境をアンインストールするには、アンインストーラを使う方法とアンインストーラを使わない方法の2つがあります。
インストーラを使ってインストールした場合は、アンインストーラを使いますが、今回はインストーラを使わずにインストールを行いましたので、 アンインストールもアンインストーラを使用しない方法で行います。

ApacheとMySQLの停止

xamppコントロールパネルを開きます。
xamppコントロールパネルが起動したら、ApacheとMySQLを停止します。

フォルダの削除

下記のフォルダを丸ごと削除します。
C:\usr\pleiades-all-in-one-php-jre_20090426

これでEclipse+xampp環境のアンインストールは完了です。
ページの先頭へ